検索
HOME最新記事ニュース主要 → 鉄人ホーナーの来シーズンの所属先がようやく決定!
7  今年も追い込まれたサミュエル・サンチェス アムステルゴールドレース  8
鉄人ホーナーの来シーズンの所属先がようやく決定!
文章:本站原创  |   投稿時間:2015/8/28 12:05:03  |   チェック回数:1359

1

1/1

ブエルタを制してもチームから解雇され、ようやく見つけたランプレでは大怪我をし満足行く結果が残せなかったことで再び流浪の人となっていた鉄人クリス・ホーナーだったが、 ここへ来てようやく来シーズンの所属チームが決定した。
アメリカで結果を残してもなかなか契約に恵まれなかった男が何とか掴んだ世界への足がかり、遅咲きの世界デビューから大ベテランの域でつかみとったグランツール性はという偉業、しかしそれでも世界はホーナーに厳しかった。しかし粘り強い男はまだ引退するのではなく、格下のチームで後進の指導も兼ねるという来季の役割を見つけた。
 
43才という年令は、どのチームでも結果を求めていることを考えれば簡単に雇うには難しい年令だ。特にプロツールではチームの価値は勝利で決まる。一年を安定して走れるかどうかの予測が難しい大ベテランに対し、話題性のみでは大金をつぎ込むわけにはいかなかったのだ。
2015年度はエアガス・セイフェイの一員になれることを非常に楽しみにしているよ。僕は選手として結果を残してきたし、それを誇りに思っているよ。年令を考えてももう結果だけを追い回す歳じゃない。それよりもこれから自転車界にどんな恩返しができるかなんだよ。来年に関しては複数の選択肢がある中で、あえてこのチームを選ばせてもらった。それはこのチームが次世代の若手育成に本腰を入れているからだよ。そこに僕の経験が生かせると思ったんだよ。」ホーナーはその思いを語った。
 
またチームにとってホーナーがもたらすのは経験のみではない。彼が加入したことで、アメリカ国内の主要レースへの招待が間違いなく増えるだろう。これも若手育成、経験を積ませるには欠かせない一つの重要なステップであり、ホーナーの加入は様々な効果をチームにもたらしそうだ。また全米最大規模のスーパーマーケットチェーン、セイフェイというビッグスポンサーを得たことで、チームはさらにメキシコチャンピオンのルイス・レムスも獲得、そしてチーム監督にはホーナーの腹心の友を迎え入れるなど、よく見ればホーナーを筆頭としたチーム作りにさえなっているように感じられる。
 

今ヨーロッパのレースシーンで再び勢力を拡大しつつあるアメリカ勢、更にその体制を分厚くするための若手育成に着手するホーナー、鉄人は考え方もやはり鉄人だった。 

1

1/1