秋のサイクリングの装備

秋のサイクリングで経験することは、次のうちのいずれかであろう。木々の葉の色の変化を楽しみ、さわやかな風を感じられるような素晴らしく新鮮な体験、または、寒さを感じ、はたまたびしょ濡れになる悲惨な体験。そのような悲惨な体験をしてしまうと、バイクを春が来るまで部屋の隅に放置してしまうという大変残念な結果になってしまうかもしれない。

あなたがどちらの体験をするかは、どんなウェアを選ぶかによって決まってしまう。気候の移り変わりの激しい秋、サイクリストはしっかりと準備をしてふさわしいウェアを着なくてはならない。そうでなければ、素晴らしい景色を堪能することはできなくなるだろう。

秋に気をつけなくてはいけないのは、気温の変動だ。ある瞬間に晴れ間が出たり比較的暖かく過ごせたり、その次の瞬間には曇り、雨、寒さがやってくる。標高の高い場所は海面近くよりかなり寒いし、下り坂、特に長い下りや風のある日も非常に冷える。寒さを我慢して走れば体調を崩しかねない。

そこで、季節に合った正しい種類のウェアを選ぶということは大変重要なことなのだ。秋の天候の変化に対応できる、万能タイプのウェアが不可欠となる。

頭部

まずはじめは頭から。あなたが脳にダメージを受けて場合によっては死にいたってしまうリスクを避けたいのであれば(未だに毎年、我々よりもバイクの扱いに慣れたプロ選手たちの何人かがヘルメットを着用しなかったことで頭部に重症を追う事故を起こしている。リスクどころではない)、ヘルメットの代わりに帽子だけかぶったりしないこと。今日では、ヘルメットの下にかぶるための帽子もたくさんよいものが出回っている。帽子は長い下り坂でも体を暖かく保ってくれる。身体の熱は頭から多く失われていく。よって頭部を覆っておくことが大切なのだ。

ウィンターキャップは耳までしっかり守ってくれ、音が聞き取りやすいようピンホールがある。またゴールドウインのキャップは繊維に練りこまれた光電子セラミックスにより『身体の体温を最適に保つ』『身体の芯から暖かい』『汗をかいても快適』といった身体にやさしい暖かさを実現した。

このようなキャップをかぶることで、温かさをキープしつつ、汗の流れも気にせず気持ち良く走ることができる。また、登りではこれを脱いでおいてダウンヒルで着用するのもいいかもしれない。さらに、寒い下りや激しい風のある日などは、ネックウォーマーを着用するのも良いだろう。

胴部

秋に体を暖かく保つポイントは、薄いものを重ねること。登りでも快適に、下りでも暖かく走りたいものだ。そして、もし暑くなった場合、薄い服であればジャージのバックポケットに小さく折り畳んでしまっておこう。

まずは、良いアンダーシャツが必要。販売されているものは体温を一定に保ってくれ、同時に汗を逃がしてくれる優れた生地が使用されている。少し暖かい日には半袖シャツで事足りる。肌寒い日は、このゴールドウインのような長袖がベストだ。アンダーシャツの上に半袖ジャージを着ても良い。このアンダーシャツは重ね着もできるよう、袖部分に元々リフレクターがついている。寒さを感じる日には長袖で保温効果のあるタイプのものを選ぼう。

ウインドベストも持っていて損はないものだ。バックポケットに入る軽いものを選ぼう。体を暖かく保ち、胴部へ風が当たるのを防いでくれる。1枚あるのとないのとでは着てみると違いが分かるだろう。こちらも私が秋になると持っていくアイテムだ。

真冬には厚手のグローブが必要だが、秋はまだハーフグローブを使っている人が多いだろう。ウィンターグローブは素材にニットを使用している。少し寒いが厚手グローブでは暑すぎる時にはちょうど良いグローブだ。カジュアルデザインなので街乗りの時などにピッタリ。

アームウォーマーも小物としては非常に有効だ。私は長い間アームウォーマーは使わないでいたが、今は大抵持参している。乗り始めはまだ身体も温まっていないのでアームウォーマーをしておき、走り出して暑くなったらはずせば良い。